ものもらい 両目 原因

ものもらいが両目にできる原因

スポンサーリンク

ものもらいには、麦粒腫と霰粒腫があります。
ものもらいの原因は、マイボーム腺といわれている脂質の分泌腺に細菌が入りこむことで、炎症を起こしてしまい、化膿することもあれば、その後は膿が出てきて、痛みが治まり、自然治癒することもあれば、眼科で局所麻酔をしてからものもらいをプチっと切開するという方法もあります。

 

それでは、なぜものもらいが出来てしまうのか、その症状も両目とか片目だけとか原因は何なのか探ってみましょう。

 

 

【ものもらいが両目にできる原因】
両目のまぶたにある分泌腺にウイルスなどの細菌が入りこみ感染することが原因で起こると言われていますが、この細菌はブドウ状球菌が感染したことで症状が現れます。

 

【両目にできる症状】
原因は細菌ですが、かゆみをともない、目が真っ赤に充血するとまぶた全体が腫れ始めて、痛みを生じます。
ゴリゴリとした異物感だったり、目ヤニがたくさん出てきてまぶたが開きにくくなることもあります。
プチっとしたものが出来ていると、間違いなく発症したことになるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【両目にできる原因とは】
ものもらいが両目にできると本当に厄介でしょう。
もしかしたら、コンタクトレンズを使っているのであれば、レンズに汚れなどのタンパク質が付着しているかもしれません。
コンタクトレンズを数日間使用するタイプのものであれば、しっかりと洗浄することをおすすめします。

 

また、身体の免疫機能が低下しているとものもらいなどを発症しやすくなります。
いつも手をきれいに洗い、洗顔のしっかりと行いましょう。
タオルも毎日清潔なものを使用するといいでしょう。

 

 

【両目にできるものもらいの対処法】
普段から行える対処法としては、前髪が目のところまで伸びていればカットしたり、ニンジンなどカロチンを多く含んだ食品を摂取するといいでしょう。
また、アイメイクもほどほどに!まぶたの際までアイラインを入れているとものもらいの原因にもなりますよ!

 

両目にできると生活するのにとても不便ですよね。
日ごろから清潔に過ごすことで改善できると言われていますので取り入れてみてください。

スポンサーリンク