霰粒腫 目薬 種類

霰粒腫に効く目薬の種類

スポンサーリンク

霰粒腫の症状では、ものもらいなどと異なり、治す為に使用する目薬の種類が違います。
こちらの病気で必要とされる処方箋について紹介していきます。

 

 

【処方される薬】
眼科などで処方される霰粒腫に効く抗菌目薬があります。
しかし、こちらの種類の薬では、悪い金をなくすための薬になるためこちらの症状には効果のないものになります。
しかし、こちらの症状以外にも病気を併発しているときにはこちらの薬を処方されることがあります。
ものもらいなどの菌に関する感染予防のために処方されることがあります。
この場合にはこちらの種類の薬が処方されることになります。

 

 

【効果のある薬】
霰粒腫に効果のある薬として通常処方されるのが抗炎症系の目薬となります。
通常のこちらの薬とステロイドが入っている薬の2種類があります。
どちらもこちらの病気の症状では処方されるものになります。
この症状に効果がよりなるのがステロイドが含まれている薬になります。
そのため眼科で処方されるのがステロイドが含まれている薬になります。
しかし、即効性のある物ではありません。
そのため半年ほど続ける必要があります。

 

スポンサーリンク

 

【市販の薬】
霰粒腫に効果のある薬は抗炎症作用のあるものになりますかその中でもステロイドが配合されているのが大変効果のある薬となります。
しかし、市販の薬の中にステロイドが配合されているものはありません。
しかし、抗炎症効果のある目薬が市販でも販売されています。
処方箋の薬と比べると効果の薄いものになってしまいますが、症状がひどくない状態や霰粒腫の予防のために使用することができます。

 

市販の目薬にでは種類が多くありませんが、抗炎症効果のある種類に該当すれば、予防のために使用できるものになります。
現在販売されている市販の目薬では数種類存在しているため、効果のあるものを購入することができます。
市販の薬ではあくまでも予防のために使用するものだと割り切る必要があります。
霰粒腫の症状がある場合には必ず眼科で診察を受けることが必要です。

 

霰粒腫に効果のある目薬が、市販薬よりも処方箋薬の方が効果があります。
霰粒腫の治療のためには処方箋薬、予防のためには数種類ある市販薬を使用するように状況にあわせて使い分けることができます。

スポンサーリンク