ものもらい しこりを消す 方法 注意点

ものもらいのしこりを消す注意点と方法とは

スポンサーリンク

ものもらいは多くの人が経験する、よくある眼科の病気のひとつです。
しこりがあっても、そのまま消えるものもありますが、しこりを消す方法がむつかしいものもらいもあります。
場合によってはどんどん大きくなってしまうこともあります。
ものもありの種類やしこりを消す方法や、注意点などをご説明いたします。

 

【ものもらい・めばちことは】
ものもらいは、目が腫れたり、ゴロゴロして違和感を感じる、白目が充血している、といった症状がある眼の病気のひとつです。
よくある目の疾患で、えばちこやめぼ、めいぼといった方言が多く存在しています。
実際はものもらいは2種類に分けられます。

 

【ものもらいの2つの種類、治療方法、注意点とは】
ひとつめは麦粒腫(ばくりゅうしゅ)で、黄色ブドウ球菌という細菌に感染することによって起こります。
黄色ブドウ球菌自体は、通常は感染することがありませんが、何らかの原因で免疫が落ちていたり、傷が入っていてそこから感染することで発症します。
感染によって、まぶたの汗腺と呼ばれる場所や、分泌腺などが腫れます。
外側にできることもあれば、内側にできることもあります。

 

しこりを消す方法はなく自然と消えることも多いですが、注意点としてはなるべく早く受診し、細菌に対する抗菌作用のある点眼をする方法、服薬などの方法があります。

 

スポンサーリンク

 

【霰粒腫のしこりを消す方法、注意点とは】
もうひとつのものもらいは、霰粒腫(さんりゅうしゅ)と呼ばれるものです。
瞼にあるマイボーム腺という皮脂腺がに脂肪分が詰まった状態を指します。
痛みはないものの、少しずつ大きくなっていき、コリコリしたしこりとなってしまいます。

 

炎症が起こって化膿る、急性化膿性霰粒腫に変化することもあります。
麦粒腫と違い痛みがないため、気づかないうちに大きくなってしまいます。
注意点としては、そのままではしこりを消す方法がないため、早めに受診することです。

 

放置してしまいがちな霰粒腫ですが、大きくなるとしこりを消すのがむつかしくなります。
また注意点としてはかぶれるおそれもありますので眼帯などはしないようにしましょう。

 

さらに、程度によっては手術で摘出することでしこりを消す方法をとることもあります。
ものもらいだからとそのままにせず、早めに専門の眼科を受診することが注意点です。

スポンサーリンク