霰粒腫 手術後 コンタクト 注意点

霰粒腫の手術後にコンタクトをするときの注意点

スポンサーリンク

霰粒腫の手術を行ってしこりを除去したときには、コンタクトを装用するタイミングを医師に相談しましょう。
手術後、傷に触れると治りを遅くしてしまうこともあるので、装用のタイミングはきちんと注意点の指導を受けましょう。

 

 

【霰粒腫の手術後に気を付けること】
霰粒腫の手術後すぐはコンタクトを装用しないよう、医師から注意点として説明があります。
その理由は、傷口にコンタクトが当たって炎症を起こさないようにするためです。

 

コンタクトは眼球の中で多少動きます。
それが刺激になるため、手術後すぐには装用せず、メガネで生活してもらうように注意点として言われます。
霰粒腫のしこりが取れた手術後は、すぐに元の生活スタイルに戻すのではなく、傷の治りを鑑みて判断しなければなりません。

 

霰粒腫の手術後は、外から見た感じでは傷がわからないこともあるので、注意点を忘れて生活してしまうことがあるかもしれません。
だからこそ、術前に医師から細かな点を指導されるのです。

 

スポンサーリンク

 

【コンタクトが装用できるまで】
霰粒腫の手術後にコンタクトが装用できるまでの期間は、傷の治りを診なければ判断できません。
手術後に受診した際に医師に伺うことで、装用OKかどうかの判断をしてくれます。

 

2週間もすれば傷口が塞がるため、次回の受診の時には装用しても良いという判断が下ることもありますが、傷の範囲や状態によって治りはいかようにも変化します。
医師が「コンタクトをしても良い」と言うまでは、注意点を守ってメガネ生活をするのがおすすめです。

 

せっかく霰粒腫のしこりが取れても炎症状態が続いてしまうと、目の不快感は治まりません。
ほんのわずかな期間なのですから、我慢して生活することも必要ではないでしょうか。

 

霰粒腫の手術を行った時の注意点は、コンタクトの装用に関する情報を医師から指導されるはず。
傷がきちんと治るまでは装用しないという注意点を守らなければ、炎症が治まらずに日常の不快感を増大させてしまいます。

スポンサーリンク