ものもらい 症状 下まぶた目

下まぶた目にできるものもらいの症状とは

スポンサーリンク

下まぶた目にかゆみや違和感を感じて、翌日急に下まぶた目が腫れることもある「ものもらい」。
その名の通り、何かの原因でうつされて発症すると思っていませんか? 実は違ったものもらいの症状や治療法などについて詳しく紹介します。

 

 

【ものもらいで下まぶた目も腫れる】
大きく腫れる症状のものもらい。
多くの場合、上まぶたが腫れることが知られていますが、実は下まぶたも腫れます。
症状には2つのパターンがあります。
痛みを伴い赤く腫れる「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と、とくに痛みを感じないことが多い「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」があります。
下まぶたにできる症状は麦粒腫である場合が多く、細菌の感染が主な原因です。
まぶたの外側にできる外麦粒腫と、下まぶた目などの内側にできる内麦粒腫があり、内側にできる症状では、かなりの痛みがあります。

 

 

【ものもらいの原因は意外なところにもある】
ものもらいと聞くと、不衛生にしていて細菌に感染するなど外からの影響で発症すると考えている人が多いようです。
しかし、しこりができる「霰粒腫」の原因は細菌ではなく、脂肪や老廃物という自分の体の機能が関係しています。
まつげの生え際にある皮脂腺がつまり、脂などが固まってしこりとなってものもらいが出ます。
この場合の主な原因は、体力低下や免疫力低下などのため、細菌以外にも症状があらわれることがあることは覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

【ものもらいの症状別治療法と予防】
細菌による感染と、皮脂腺のつまりによる2つのタイプの症状があることがわかりました。
原因が異なるため、治療法や予防法も変わってきます。
麦粒腫は細菌による炎症を抑える目薬や抗生物質を服用します。
霰粒腫は脂なので、自然治癒で治すことができます。

 

しかし、霰粒腫でも細菌が入って悪化する場合もあるので、そのときは抗生物質による治療をうけましょう。
下まぶた目の腫れの予防はどちらも衛生的にすることと、免疫力や体力が低下しないように心がけましょう。
下まぶた目にできるものも同様に意識しましょう。

 

ものもらいにならないように、日ごろから体を労わるよう心がけて予防しましょう。
下まぶた目に症状が出た場合は、細菌による炎症の可能性が高いので、できる限り専門医の診断を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク