ものもらい 症状 腫れが引かない 対処法

ものもらいの症状別対処法!腫れが引かない場合はこれ!

スポンサーリンク

ものもらいの腫れが引かない場合、症状を見て、霰粒腫なども併発していないかを見極める事が大切です。
早めに適切な対処法で治療を行うためにも、医師の診察を受ける事が重要となるため、症状を見て判断する事が大切です。

 

 

【ものもらいの腫れが引かない場合の対処法】
ものもらいができやすい人など、多くの場合目薬を使用して対処する事で痛みや腫れが和らいできますが、悪化させてしまうと、腫れが引かない事もあり、切開手術などを行う事もあります。

 

特に、ものもらいの腫れが引かないケースの場合、霰粒腫なども併発して悪化している事もあるので、数日様子を見て、腫れが引かないなどの症状が続く場合は、医師の診察を受けて適切な対処法で治療を行う事が大切です。

 

 

【ものもらいの種類】
一般的な物貰いの場合、麦粒腫と言って、腫れやかゆみ痛みが伴った症状が出ますが、一方の霰粒腫の場合腫れや痛みかゆみなどがないのが特徴で、治療には切開手術か自然治癒という選択肢しかないため、しこりを発見して目薬で治療を行ってもしこりを無くすには時間がかかります。

 

しかし、麦粒腫になった事で霰粒腫を引き起こす事もあり、この場合ふたつ同時に発症しているため、痛みやかゆみなどの症状がでます。
自分の判断では、見極めるのが難しいため、腫れが引かないなどの症状が続く場合は早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

【ものもらいの症状別対処法】
特に麦粒腫の場合の対処法は、目薬や抗生物質など最近や雑菌をやつける方法が必要になります。
合わせて痛みや腫れが伴うので、冷やすなどの対処法を行う事で症状和らぐ事もあります。

 

一方霰粒腫の場合、冷やす痛みや腫れがないため、冷やしたり目薬などの対処法はあまり必要なく、治療は切開手術か自然治癒を待つ事になります。
二つ同時に発症した場合は、症状が重くなる事が多いため、無理をせずに早めに医師の診察を受け、切開手術などの対処をすると完治までスムーズになります。
あくまでも放置しない事が大切です。

 

ものもらいになると、とにかく目薬と考えてしまいますが、対処法も様々あります。
特に腫れが引かない場合は、我慢せずに早めに診察を受けて、完治までのスピードを速める事が大切です。

スポンサーリンク