ものもらいの腫れ 冷やす 効果

ものもらいの腫れは冷やすと効果的?その対処法とは

スポンサーリンク

ものもらいの腫れは、始めは赤くなる程度ですが、悪化すると大きく腫れたり、目やになどが出てきます。
その場合、冷やすと効果的と言われていますが、温めたほうが良い時もあるため、症状を見極めてから対処する事が大切です。

 

 

【ものもらいの腫れは冷やすのが効果的なのか】
ものもらいができると、次第に腫れなどの症状が出てくるため、痛みを和らげるために冷やすと効果があるという話もあります。
しかし、冷やす前に、冷やしたほうが良い症状なのか、温めたほうがいい症状なのかをしっかりと見極める事が大切です。

 

 

【一般的なものもらいの腫れは冷やすと効果あり】
一般的に、私たちがものもらいと言っているのは、正確には麦粒腫と言って、細菌による炎症などが原因で起こっているものになります。
この場合は、冷やす事で痛みも和らぐため効果的となりますが、一方でものもらいに似た症状の違う病気もあるため、それと見極める事が大切となります。

 

 

【霰粒腫は温める】
まつげの生え際脂の分泌腺が詰まってできるしこりもあります。
ものもらいと症状が似ているため、間違えやすいので、判断がつかない場合は病院で診察を受けてから対処する事が大切です。

 

スポンサーリンク

 

【一般的な症状】
ものもらいの腫れによる一般的な症状は、かゆみ、痛み、腫れです。
この場合は、冷やすと効果があるため、目薬で対処しながら冷やす事でものもらいの腫れや痛みを抑える事ができます。
特に、患部をこすってしまいがちな人は、冷やす事でかなり症状が気にならなくなるので、おすすめです。

 

 

【ものもらいの腫れは我慢しないのが大切】
ものもらいの腫れは、我慢しようと思っても、どうしても気になって触ってしまいがちです。
とくに、頻繁に触ってしまうとより症状を悪化させてしまうため、より効果的な対処を行って、治療を行っていく事が大切です。

 

ものもらいができると、早く治したい一心でやたらと気にしてしまいがちですが、目薬などでケアしながら治療を行っていけば、自然に治っていくものなので、あまり気にせずに手をかけすぎない事も大切です。

スポンサーリンク