ものもらい しこり 自然治癒

ものもらいのしこりを自然治癒させるためには

スポンサーリンク

なんか目が腫れている、ごろごろするなどものもらいになると目の違和感を覚える人がほとんどです。
多くの場合、目薬などですぐに治す事はできますが、いるまでも違和感がありしこりが残ってしまっているケースの場合、自然治癒する事はあるのでしょうか。

 

 

【ものもらいができる理由】
ものもらいは細菌や雑菌が目の周辺についてしまい、増殖する事でできてしまいます。
特に、体の免疫が落ちている時など疲れていたり、病後、ストレスを感じている時などには注意が必要です。

 

 

【ものもらいは自然治癒するのか】
特に、ものもらいができやすいという人は、自覚している人も多く、目薬を常備しているという人もいます。
そのため、違和感があった場合にはすぐに点眼して対処するというケースも多く、その場合はすぐに症状は治まり病院などにはいかずに自然治癒する事もあります。

 

しかし、しこりが残ってしまうという事もあるので、しこりを残さずにきれいに治すためには、患部を清潔にする必要がある事と、なんといっても体の抵抗力を高める事も大切です。

 

スポンサーリンク

 

【自然治癒を目指すならこの対処法】
ものもらいを自然治癒させるには、なんといっても患部を清潔に保つ事が大切です。
特によくできやすい人は、コンタクトレンズなどを使用している人も多く、コンタクトレンズの使用を中止して眼鏡にするだけでも、治りを早くする事ができます。
目に違和感がある場合は、すぐに使用を中断する事が大切です。

 

また、目に髪の毛がかかってしまわないようにガードするだけでも患部に刺激を与える事を防ぐ事ができるのでおすすめです。

 

 

【しこりを残さない事が大切】
ものもらいは、しこりが残ってしまうとどうしても、違和感が残りいつまでもだらだらと続いてしまいます。
手術などはせずに自然治癒させる事が一番ですが、長引いている場合は、思い切って一度切開手術などで膿を出してしまうという方法もあります。
自然治癒が難しそうと判断した場合は、早めに医師の診察を受ける事がおすすめです。

 

ものもらいは、しこりが残ってしまうと中々治りも遅く、治ったと思ってもすぐにぶり返してしまう事もあります。
そのため、しこりを残さずに治療するためにも、早めに治療を開始する事と、自然治癒が難しと判断した場合は、しこりを切開して膿をだすなど、医師の診察のもとケアしていく事が重要です。

スポンサーリンク