ものもらい 完治 期間

ものもらいが完治するために必要な期間とは

スポンサーリンク

ものもらいは一度できると見た目にも気になるため、早く治ってほしいと考えるものです。
そこで気になるのが、ものもらいが完治するまでにかかる期間です。
どれくらいの期間でものもらいは完治するのでしょうか。

 

 

【治療にかかる時間は?】
ものもらいは違和感が出きたときから、痛みがあるだけでなく見ためにもすぐにわかってしまうため、早く完治させたいと考えます。
特に女性の場合は、アイメイクなどもできなくなってしまうため、困ってしまうという話もよく聞きます。
実際に、治療を開始してから完治までの期間はどれくらいかかるのでしょうか。

 

 

【ものもらいの治療方法】
しこりができると、まず患部を清潔に保つ事も必要です。
もちろん、アイメイクなどが患部に入ってしまうと、完治まで時間がかかってしまう事もあるため、ものもらいになった場合、患部を清潔に保つためにも、メイクはやめておくことも、完治までの期間を短くする事ができます。

 

通常、治療は目薬などで行いますが、病院にいくと、抗生物質などを処方してもらえて、並行して治療を行う事もできるため、2〜3日で回復していく事もあります。

 

スポンサーリンク

 

【完治までの期間】
ものもらいが完治するまでには、長くても10日もあれば治ると言われています。
しかし、悪化してしまうと切開手術などで膿を出す必要が出るなど、しこりをかんじた場合、早めに治療を開始する事が治りを早める事につながります。

 

 

【悪化させない事が大切】
早めに治療を開始する事で、患部を清潔に保つ事ができ目薬などで処置をする事で、早めに対応する事ができます。
早めに治療を始める事で、患部を清潔に保つ事ができ悪化を止める事にもつながるため、違和感がある場合ははやめに対処する事が大切です。

 

目の付近にものもらいなどのトラブルが生じると、他人からも一番目につく箇所のため、どうしても早めに治したいと焦ってしまうものです。
しかし、焦ってしまうと、余分に目薬を差してしまうなど、決められた容量以上の薬を使用してしまう事にもなるため、なるべく患部を触らないようにしながら、適切な治療を行っていく事が大切です。

 

長くても完治までの期間は1週間から10日と考えると、治るまでの期間はじっと我慢しておくことが大切です。

スポンサーリンク