ものもらい はやり目 違い

ものもらいとはやり目の違いとは

スポンサーリンク

 目に起こる病気というと様々ですが、代表的なものにものもらいとはやり目があります。
どちらも症状が似たもので見分けることが難しい病気でもありますが、その違いはどこにあるのでしょうか。

 

【ものもらいとは】
 ものもらいとは、麦粒腫と霰粒腫と呼ばれる二種類の症状をまとめた言い方です。
麦粒腫はまぶたの毛穴に雑菌が入り、その部分が化膿して起こる炎症で、霰粒腫はまぶたの皮脂腺に皮脂が詰まって腫れてしまう症状です。
麦粒腫の場合は炎症の症状の為、晴れた部分がかゆみや痛みを伴うことがあります。

 

【はやり目とは】
 はやり目とは、流行性角結膜炎や咽頭結膜炎などをまとめた言い方です。
症状としては白目の部分に充血が見られ、かゆみや痛みを感じる、涙が止まらない、目やにが出るといったものが代表とされます。

 

スポンサーリンク

 

【その違いについて】
 発症の原因にも違いがあるこれらの病気ですが、ものもらいとはやり目の決定的な違いは、他人に感染するか否か、というところが大きくあります。
ものもらいの場合、その原因から他人に感染することはまずありません。
そして予防するためには、目の周りを清潔に保つことが大切となります。

 

しかし、はやり目の場合はその症状を引き起こすウイルスや細菌が原因となり発症するため、はやり目の症状がある人が目を擦った手で触った部分を間接的に触り、その手で目を擦ってしまうだけで感染の恐れがあります。

 

また、一番の予防策として考えられるのがウイルスに負けない免疫や体力をつけるために正しい生活習慣の中でしっかりと栄養をつけることが大切とされます。
症状としては似たような腫れや充血が見られますが、ものもらいと違い、はやり目の場合は出席停止などの措置をとり、徹底的に感染経路を断つ必要もあります。

 

このようにものもらいとはやり目ではその症状を引き起こす原因に違いがある為、発症後の対処法にも違いがあります。
症状が現れた場合、速やかに専門機関の受診を行い、正しく対処することで、仮にはやり目だった場合は感染を防ぐことも可能です。

スポンサーリンク