ものもらい 切開 料金

眼科でものもらいを切開した際の料金

スポンサーリンク

目やまぶたに異変が現れたらものもらいである可能性が高いでしょう。
白目が赤くなり、目ヤニが大量にでて、まぶたの際などに粒状のしこりが見られたら、間違いなくものもらいです。
細菌がマイボーム腺に侵入して感染するもので、できたてのものもらいは、痛みがあり赤い粒のようです。
時間が経てば、痛みが少しやわらいできます。
白い膿が出はじめたら、眼科で手術して切開するのが早く治る治療法です。
しかし、切開には料金もかさむわけですから、どれくらいかかるものか不安だとおもいます。
眼科でものもらいを切開するとどれだけの料金がかかるものか確認してみましょう。

 

【ものもらいになると自然治癒するの?】
まぶたにできたしこりは、まぶたの外側にできれば、膿の経過もわかりやすいですし、まぶたの内側にできれば、眼球を圧迫するので治るまでうっとうしい症状が続きます。
ものもらいは、白く濁り、膿がでてきて自然に完治することもあれば、眼科に行った方が早くよくなるのではとおもえる症状があります。

 

スポンサーリンク

 

【ものもらいの治療で眼科に行く場合に料金は?】
眼科に行くのは、案外嫌なものですが、治療することの方が早くよくなりますので診察を受けることをおすすめします。
しかし、治療には料金もかかりますし、手術するとか言われたらどれだけ高いのか不安ですよね。

 

はじめの診察では、症状を確認して、本当にものもらいなのか検査します。
眼科での料金は、初診料や診察料と処方される点眼薬や軟膏などの料金がかかります。
保険適応であれば3000円未満でおさまるでしょう。

 

初診では検査と点眼薬だけが処方されるケースがほとんどですが、一週間後に再診をして様子を見ることで、手術でしこりを切開することをすすめられる場合もあります。
手術と言われればかなり大げさで料金も高くつくのではと心配する方もいますが、至って簡単な切開です。
料金的にも初診のときに支払ったものに追加で3000円くらいと高いものではないでしょう。

 

局所麻酔をしてからものもらいを切開しますが、おおよそ15分程度で終了すると考えておくといいでしょう。
ただし、切開しているので再診してよくなっているのか診察を受けなければいけません。
眼科に行くことで早くよくなります。
また料金もそれほど高くはなく安全性もありますので、自己流で治そうとせずに眼科を訪れてください。

スポンサーリンク