ものもらいの腫れ 原因 症状 対処法 治療法

ものもらいの腫れの原因と症状、対処法、治療法

スポンサーリンク

【ものもらいもいろいろ!麦粒腫と霰粒腫の違い】
俗にものもらいの腫れの原因となる症状の種類には、「麦粒腫」と「霰粒腫」があります。
目のあたりにしこりができる点はどちらも同じですが、
ものもらいの腫れの原因となる症状の一つ、麦粒腫が膿によって腫れあがるのに対し、
ものもらいの腫れの原因となる症状となるもう一つ、霰粒腫のほうは純粋な体液によってしこりがつくられます。
どちらもものもらいの腫れの原因となる症状の基本的な治療法は同じで、
外科手術によって腫れを切除するほか、点眼薬や軟膏で対処する場合もありますし、
自然治癒で様子を見るケースもあります。

 

ものもらいの腫れの原因となる症状の一つ、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)は、
黄色ブドウ球菌という細菌に感染することによって起こります。
黄色ブドウ球菌自体は、通常は感染することがありませんが、何らかの原因で免疫が落ちていたり、傷が入っていてそこから感染することで発症します。
感染によって、まぶたの汗腺と呼ばれる場所や、分泌腺などが腫れます。
外側にできることもあれば、内側にできることもあります。
しこりを消す方法はなく自然と消えることも多いですが、
対処法としてはなるべく早く受診し、細菌に対する抗菌作用のある点眼をする方法、服薬などの方法があります。

 

ものもらいの腫れの原因となる症状の一つ、霰粒腫(さんりゅうしゅ)は、
瞼にあるマイボーム腺という皮脂腺がに脂肪分が詰まった状態を指します。
痛みはないものの、少しずつ大きくなっていき、コリコリしたしこりとなってしまいます。
炎症が起こって化膿る、急性化膿性霰粒腫に変化することもあります。
麦粒腫と違い痛みがないため、気づかないうちに大きくなってしまいます。
対処法としては、そのままではしこりを消す方法がないため、早めに受診することです。

 

放置してしまいがちなものもらいの腫れの原因となる症状の霰粒腫ですが、
大きくなるとしこりを消す対処法、治療法がむつかしくなります。
また注意点としてはかぶれるおそれもありますので眼帯などはしないようにしましょう。
さらに、程度によっては手術で摘出することでしこりを消す対処法、治療法
をとることもあります。
ものもらいだからとそのままにせず、早めに専門の眼科を受診することが
ものもらいの腫れの原因となる症状の対処法、治療法です。

 

ものもらいの腫れの原因となる症状の対処法、治療法として
特別な治し方も必要ありませんが、ごくまれに数カ月単位でしこりが消えなくなるケースがあり、
その場合は手術が適用される場合があります。
ものもらいの腫れの原因となる症状の対処法、治療法として手術といっても
局所麻酔で患部となるしこりを切除し膿を出しきるだけなので日帰りで行えます。
ものもらいの腫れの原因となる症状の対処法、治療法として、
手術がどうしてもこわい場合には点眼薬などで時間をかけて症状を落ち着かせる治し方もあります。

 

 

【膿をつぶすとなぜ危険?ものもらいの対処法の注意点】

 

ものもらいの腫れの原因となる症状として、おもに膿がたまるのは麦粒腫と言われています。
ものもらいの腫れの原因となる症状の対処法、治療法として、
外科手術以外に自分で膿をつぶすのは細菌感染をさらに拡大させてしまう恐れがあり、一般的にはあまりおすすめできません。
ものもらいの腫れの原因となる症状としてしこりの内部に体液が溜まる霰粒腫の場合も同様で、基本的にものもらいで膿をつぶすのは良くないと覚えておきましょう。
麦粒腫も霰粒腫もたいていの場合は自然治癒することが知られており、無理やり膿をつぶすなどの誤った対処をしなければ長くても数カ月ほどで完治にむかうと言われています。

 

スポンサーリンク

 

【ものもらいで手術するのはどんな時?】

 

ものもらいは放っておいても自然に治る病気のため、ものもらいの腫れの原因となる症状の対処法、治療法として、切開手術が施されることはめったにありません。
ただ、しこりが半年以上にわたって消えない、しこりだけでなく痛みもひどくなる、などの症状が表れるようなら早期治療のために、ものもらいの腫れの原因となる症状の対処法、治療法として、切開手術が選択されることもあります。
それ以外にも、見た目を気にする職業でしこりをすぐにでも取りのぞきたい場合も、
ものもらいの腫れの原因となる症状の対処法、治療法として、
切開手術が行われる確率が高いようです。
手術そのものはさほど難しくなく、患部周辺に局所麻酔をして膿を摘出するもので、30分程度で終了します。
術後数週間は眼帯での保護が必要となり、それ以降も患部の清潔の維持がもとめられます。

 

 

 

 

 

【ものもらいの切開手術で保険が適用される場合とされない場合】

 

ものもらいの腫れの原因となる症状の対処法、治療法とした手術で、
生命保険の手術給付金が適用されるかどうかは、保険会社との契約内容によって変わってきます。
具体的には、生命保険の給付形態には「所定約款による88項目型」と「健康保険連動型」があり、生命保険の給付が適用されるのは後者の健康保険連動型になります。
88項目型だと生命保険が適用されませんので、契約時にきちんと内容を確認しておきましょう。
ちなみに、ものもらいの手術費用は1回あたり5000円だと言われています。
手術費用としてはそれほど高額ではありませんが、生命保険が適用されることに越したことはありません。

 

 

 

ものもらいの腫れの原因となる症状の対処法、治療法とした外科手術で
生命保険が適用されるのは、契約内容が「健康保険連動型」になっている場合のみです。
「88項目型」ならば生命保険の適用にはなりませんので、契約の際に書面の内容を充分に確認しておきましょう。
手術後に契約内容を変更しても保険がさかのぼって適用されることはありません。

スポンサーリンク